MENU

振動による予知保全システム※ご相談受付中※

産業機器向けの予知保全システムです。センサーを装置に取り付けて、振動から正常に稼働してるかどうかを監視します。

この度ASTINAは、産業用に「振動予知保全システム」の開発をスタートしました。これに先立ちまして、ご興味のあるお客様からのご相談を受け付けております。
当システムは、産業機器にセンサーを取り付けて、振動をもとにその装置が正常に稼働しているかどうかを判断します。振動の差異から、装置に異常が起きていないかを判断して、工場の保全に役立てることができます。

振動から装置の不具合を予測|持続的に精度が向上

STEP1

センサーが不具合の予兆を検

STEP2

設備状態を診断・解析し、不具合に関するデータを蓄積

STEP3

学習機能による予知保全性能の向上

さまざまなインターフェースに対応

今後、振動のほかにも検査できる領域を拡大

当サービスは、振動に限らず、さまざまな解析手法での予知保全や、データの集約・機器の自動制御ができる統合的なシステムになることを予定しております。AIの学習によって、検査精度を持続的に上げることが可能です。 ご興味のある現場担当者の方は、お気軽にご連絡ください。
※現在は開発段階にあり、精度向上や機能追加により、内容が変更となる場合がございます。

お問い合わせは、ページ下部「お問い合わせはこちら」からフォームに遷移していただき、ご連絡ください▼

※お問い合わせフォームにて「自社製品について」をお選びいただき、自由記入欄にて「振動予知保全」とご入力ください。


ご購入の際は、
ASTINAにお問い合わせください。

大小問わず不明点はなんでもご相談下さい

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!