MENU

社員インタビュー:IoTエンジニア(フルスタック)

ハードウェア案件の開発に上流工程から携われる。ASTINAの魅力。

--ASTINAへの入社前は、どんな業務をされていましたか?

小川さん(以下小川):カーナビの開発業務です。
OEM事業部では 開発言語としてJavaを使って、GUI、スマホ連携開発をしていました。
自社製品の事業部では C++を使って、外部機器、仕様変更、不具合対応、スマホ連携開発をしていました。

--ASTINAに入社した決め手を教えていただけますか?

小川:前職ではもっぱらソフトウェア案件の開発に携わっていましたが、ASTINAではハードウェア案件の開発にも携われるという点です。また、前職では完全に仕様が固まっている時点から開発に携わっていましたが、ASTINAでは仕様を決める上流工程から案件に関われる、という点に魅力を感じました。

--現在の職種と具体的な仕事内容を教えてください。

小川:私はPMとソフトエンジニアを兼任しています。PMとしては、要件定義・見積り業務・タスク管理・リソース管理などを行なっています。ソフトエンジニアとしては、組込み・スマホアプリ開発・デスクトップアプリ開発などに携わっています。

〜小川さんのある1日〜

10:30 出社

メール確認、タスク確認。

11:30 見積り業務

お客様がやりたいこととASTINAが実践できる手法を擦り合わせ、コストパフォーマンスの良い形で見積をまとめます。

13:00 ランチ
14:00 見積り打合せ(社内)
14:30 案件業務(技術調査、コーディング)

Androidアプリでの配信方法の試行や、仕様決定のための検証用サンプルアプリ開発とその動作に必要なクラウド環境構築の試行など、各案件で求められる実装手段を試します。

16:30 勉強会準備
17:00 勉強会(案件報告会)

案件報告会では、自分が担当した案件の概要と開発手法の共有を行ないます。今回はFlutterでの開発事例を紹介しました。

18:00 案件業務(技術調査、コーディング)
19:30 退社

最適解を導くために。頼れる上司とチームとのコミュニケーション。

--会社環境の雰囲気や特徴を教えてもらえますか?

小川:技術的な内容には全員が興味あるので、自分が知らないような情報がよく出てくる環境にあります。また、新しい製品が世に出てくると、試しに購入してみて製造方法を検討したりと、新しいもの好きな人が多い印象です。

--上司とは、どのように関わり合っていますか?

小川:上司はエンジニアリングへの造詣が深く、リソース面や技術面の相談に対し的確に判断してくれるので、日頃から相談しやすく感じています。また、PMとして相談した際は、ビジネス観点での最適解を導くための指摘を頂けるので、頼りになります。

--チームでは、どのように仕事をしていますか?

小川:チーム内で明確に役割分担するというより、「プロダクトやクライアントに向き合った上で、どうすればより良い提案となるか?」をチーム一丸で出すように取り組んでいます。

「積極性」が仕事をつくる。企画段階からの開発を経て、量産品がついに世へ。

--大企業と比べてスタートアップで働くメリットをどんな所に感じていますか?

小川:良い意味で、役割が明確には決まっていないところです。そのため、積極的に取り組んでいけばやりたい仕事を担当できるところです。

--ASTINAで働くやりがいや魅力は、どんなところにありますか?

小川:企画段階のプロダクト開発を、ゼロから経験できるところです。

--仕事で印象に残っている出来事はありますか?

小川:実現できるかどうか確証のない、研究レベルの技術を実現できたことがあります。また、大型のハードウェア開発案件で、お客様と協力しながら様々な課題を解決して、実際の量産品が世に出る所まで到達できたことが印象に残っています。

経験則で思考を狭めず、解像度を上げる。常に意識していること。

--ASTINAでは「没頭」「論理的思考」「成長」「加速」「チームワーク」「プロフェッショナルであること」を大事にしています。
そのうちのひとつ、「論理的思考」の点で ご自身で心がけていること・工夫していること・大切にしていることは ありますか?

小川:業務全般において抜け漏れがないか、や、相手への説明において論理展開に抜け漏れがないかに注意しています。また、物事の解決策を考えるにあたり、自身の経験則に基づく勝手な前提で思考を狭めずに、常にフラットに物事を捉えられているか、を意識しています。

--成長していると実感するときはどんな時ですか?

小川:お客様との打合せにおいて、提案の解像度が上がっていたり、ご質問に的確に回答できる局面が増えていると気づいた時です。

--今後、エンジニアとしてどのようなキャリアを積んでいきたいですか?目指すところはありますか?

小川:多種多様なプロダクト開発に必要なアーキテクトを知り、リリースに辿り着くために必要な技術を、試行錯誤を交えて習得していきたいです。

ASTINAに向いているのは、「新しい技術への好奇心が強く、積極的に開発したい人」

--ASTINAに合う人、合わない人がいるとすれば、それぞれどのようなタイプの人になりますでしょうか?

小川:合う人は、好奇心が強い人、効率化改善が好きな人だと思います。逆に合わない人は、好奇心が比較的弱い人、定型的な作業を好む人などだと思います。

小川:プロダクト開発に積極的に関わりたい人にオススメです。また効率が良ければルールややり方を変えられる環境なので、自発的に効率化を追求できる人にオススメできる会社です。合いそうな方、ぜひ一緒に働きましょう!

--(最後に)個人的に制作しているものがあれば、少しご紹介頂けますか?

小川:案件によって異なる様々な関連知識を、都度Udemyなどを見て実際にサンプルを作る、などの作業をしながら身に付ける勉強をしています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次