MENU

検証用AIカメラデバイス

あらゆる産業課題の解決を手助けする目的として、PoCや検証に使える「AI機能付きカメラデバイス」を自社で開発しました。

これまでASTINAはPoCに関するご相談をいくつか受けてきましたが、「カメラで何かを認識し、データとして送る」というインプット・アウトプットのケースが多かったため、当カメラデバイスを開発し、活用しています。

また、お客様のご相談内容に応じてAIモデルを作成し、組み込むことで、ご要望の対象物を認識することができます。

検証用AIカメラデバイス正面背面

電源はUSB TYPE-Cケーブルで、すぐに起動し、AIカメラが周囲の画像認識を始めます。シンプルなデバイスにすることで、AIを手軽に体験できるようにしました。

AI導入担当者-決裁者間の理解差を埋め、技術導入のハードルを下げることを目的としています。

検証用AIカメラ活用事例

AIによる画像解析技術とエッジコンピューティングを活用し、リアルタイムで対象物を認識することが可能です。

写っている映像から物体の種類を認識したり、個数のカウントしたりと幅広いデータを取得できます。また、生産しているワークをAIに覚えさせることによって、OK品/NG品の判定を行うことが可能です。

そのほか、セキュリティの強化や動線の移動量の見える化、危険エリアへの侵入アラートなど、幅広く産業向けソリューションを構想するうえで、検証用デバイスとして使えます。

キーワード:AI機能付きカメラ、画像認識・画像分析

システム構成
FIELDS AND SERVICES

検証用AIカメラデバイス_システム構成図
クリックして拡大

その他のIoT開発事例
DEVELOPMENT EXAMPLES

貴社の新製品開発を
ぜひASTINAにおまかせください。

大小問わず不明点はなんでもご相談ください

関連するメディア記事
RELATED ARTICLES

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!