2021.9.15

ケーブルの組み付け作業から品質検査までAI・ロボティクスの活用で自動化を実現<OKIKAE for ケーブル作業>

2021年9月15日より、ケーブルの組み付け作業から品質検査までを自動化するプロダクトを公開しました。このプロダクトを以て、ケーブルに関わる事業者様のDX化をご支援いたします。

以前より、ASTINA(アスティナ)では、自社パッケージの「OKIKAE (オキカエ)」にて、ケーブルを基板に組み付ける作業の自動化をご支援してまいりました。(OKIKAE forケーブル挿入)

今回は、そちらのプロダクトのアップデートを行いまして、「OKIKAE for ケーブル挿入」から「OKIKAE forケーブル作業」へと名称を変更いたしました。これにより、ケーブルの組み付けだけではなく品質検査にも自動化の対応が可能となりました。

AI・ロボティクスがケーブル製造から組み立てまで自動化をサポート

ケーブル製造やそれを組み付ける現場では、厳しい品質検査や細かな作業があり、多くの人員が関わっています。これらのステップを踏まない限り市場に製品を出すことはできません。

これらの作業は専門的な技術も必要であり、人員のリソースも多く取られます。そのため、多くの製造業、組み立て業者様は、コストや人材確保に関しての課題を抱えているのが現状です。

今回ASTINAは「ケーブルの品質検査から組み付け作業まで、自動化できるソリューション」のご提供を開始いたしまし、このプロダクトを以て現場の自動化・省人化をご支援してまいります。

「OKIKAE for ケーブル作業」の導入によって、ピン番号が頻繁に変わるケーブル製造や、導通検査・電流検査・光ケーブルの性能試験などの製造 - 品質試験までの工程を一括で自動化できます。また、ケーブル製造後の基板への挿し込み作業も自動化が可能です。そのため、ケーブル製品自体や内部で組み付けが行われた製品を集荷するまでの工程において、効率化・省人化が行なえます。

「OKIKAE for ケーブル作業」のAIであれば、複数種類のケーブルを取り扱う現場でも導入することができます。ラフにケーブルが置かれている場合でも、AIが瞬時に種類判別を行い、ロボットアームが基板の指定した箇所に挿入します。単なる基板の組立加工だけではなく、検査を行う際の一時的な抜き差しも可能です。プログラムの変更することによって、柔軟に動作を調整できます。

OKIKAE for ケーブル作業の強み

①ケーブル製造機械と検査機をまとめて導入可能
②導通検査・電流検査など幅広い検査に対応
③ロボットアームと力覚センサが柔軟かつ繊細な動きを実現
④ASTINA構築のエッジAIなら、瞬時に種別判定&最適な箇所に挿入
⑤弊社強みのIoT事業と連携し製造ラインの最適化のご提案も可能

■OKIKAE for ケーブル作業 専用ページ
https://www.astina.co/lp/cable-insertion