2021.5.18

工場のケーブル・コネクタ挿入が自動化|OKIKAE for ケーブル挿入作業をリリース

AI/ロボティクス/IoTデバイス開発技術をもとに ” 不可能を可能にする " をミッションとして掲げる株式会社ASTINA(本社 東京都墨田区、代表取締役 儀間 匠)では、5月12日より、『OKIKAE(オキカエ)工場向け作業自動化DXソリューション』の第二弾として、AI/ロボティクス技術を活用したケーブル挿入の自動化パッケージを提供いたします。

「OKIKAE for ケーブル挿入作業」が解決する課題について


基板組立てや製品組立てのケーブル挿入作業は、人力による手作業が多く、工場側からは人員不足や労働生産性の観点で課題視する声が上がっていました。

そこで今回、上記作業の課題となる人員不足や生産性の向上を「OKIKAE AI/ロボティクス」によるファクトリーオートメーション化(FA)にて以下の特徴をベースとするソリューションを実現しました。

「OKIKAE for ケーブル挿入作業」では、AIやハードウェアのエンジニアによる相談から設計・納品までワンストップで対応いたします。自社の強みであるアジャイル開発を活かして、当社調査では、他社と比較して、約2倍のスピード検証が可能になると考えております。

 

OKIKAE for ケーブル挿入作業の特徴

  • AIによるコネクタ、ケーブル先端の検出
  • エッジAI搭載による高速な認識
  • 3Dカメラによる姿勢検出
  • ロボットアームによる高精度な動作
  • 力覚センサーを利用した無理のない挿入

ケーブルやコネクタが複数種類ある場合でも、AIによって種別判定することが可能です。また、繊細な機器を取り扱う場合でも、力覚センサーによって無理のない挿入を実現いたします。

 

「OKIKAE for ケーブル挿入作業」特設サイトページ
https://www.astina.co/lp/cable-insertion

作業現場の自動化パッケージ『OKIKAE(オキカエ)』

業種問わず、作業現場における自動化のニーズに対して、ヒアリングから、装置開発・設置・運用・保守まで一貫してサポートいたします。

 

OKIKAE専用ページ
https://www.astina.co/ai-robotics

第一弾:バラ積み作業
第二弾:ケーブル挿入作業<NEW>

ASTINAでは、手作業を自動化・負担軽減させることに特化した装置を多数開発しています。作業現場に関してお悩みのかたは、お気軽にご相談ください。まずは、無償でヒアリングとご提案をさせていただきます。

 

弊社には、AIエンジニアを含めた装置開発のスペシャリストが在籍しております。要件定義から開発・量産までワンストップで対応いたしますので、装置導入をご検討の事業者様はお気軽にご相談ください。