2021.6.30

食品製造すべての工程に対応したAI外観検査のパッケージを開始<OKIKAE for AI外観検査>

2021年6月30日より、「食品業界向けのAI外観検査システム」の提供を開始いたしました。

かねてよりASTINA(アスティナ)では、製造/作業現場の自動化パッケージ”OKIKAE(オキカエ)”を提供しており、バラ積みやケーブル挿入、外観検査の自動化のご支援をしております。

今回は、AI外観検査のアップデートを行いまして、食品業界に対応したAIを開発いたしました。こちらは、食品製造のすべての工程に対応したAIとなっております。

AI外観検査で食品加工の現場における課題解決を図ります

私たちの生活にとって必要不可欠な食品ですが、現在はさまざまな製品が流通しており、多くの人が豊かな食生活を送れています。

一方で、安心・安全な製品をお客様に届けるため、厳格な品質検査が行われているのも事実です。

食品の検査は、人の経験に頼った目視検査で行われているケースが多く、最近では人員不足が嘆かれています。また、長引く不況によって人件費削減・コスト削減をせざるを得ない企業様もいる状況です。

このような食品加工の現場が抱える課題を、AIを活用した外観検査によって、解決を図ります。

食品製造のすべての工程でご利用いただけます

ASTINAが開発した「OKIKAE for AI外観検査(食品業界向け)」は、原料処理~加工~包装まで、製造過程すべてに対応しております。

原料処理の工程では、AIとX線を活用して、骨や異物の混入を検知することが可能です。AIの活用によって、肉の赤身や脂・筋など本来の成分と、異物の違いを判別ができます。また、クッキーをはじめとしたランダム模様の製品についても、AIの活用によってチョコチップと異物の違いを見極めます。

OKIKAE for 外観検査は、製造・加工だけではなく、包装以降の工程にもご利用いただけます。加工食品は、袋や容器に密封されていますが、小さな穴(ピンホール)があると、酸化や腐敗の原因になります。針であけたような小さな穴の場合、検査員は見落としやすく問題視されていましたが、AIの力によって検知することが可能となりました。

OKIKAE for AI外観検査の5つの特徴

ASTINAがご提供している「OKIKAE for AI外観検査」は、お客様のさまざまなニーズに応えられるパッケージとなっております。
具体的には、以下の5つの特徴があります。

  1. 加工装置や組立て装置もあわせて導入可能
  2. AIで種別判定可能なので、種類別の排出が可能に
  3. 多種多様な業界のお客様のワークに対応
  4. 現状の設備にAI外観検査、NG機構を設ける事が可能
  5. 多品種少量生産に適したシステムの設定が可能

こちらのパッケージでは、さまざまなワークに対応しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。肉やチョコチップクッキーなど、従来の画像認識技術では判定が難しいとされていたランダム模様の製品もAIが解決します。

もちろん、既存の生産ラインを活かすかたちで導入をすることも可能です。お客様のご状況を鑑みて、最適なプランでご提案をさせていただきます。