2022.2.24

2022国際ロボット展<22/3/9(水)~12(土)>に外観検査の自動化装置を出展します

※画像引用:2022国際ロボット展 | 世界最大級のロボット・トレードショー

<2022国際ロボット展の概要>
日時:2022/3/9(水)~12(土) 10:00~17:00
場所:東京ビッグサイト 東1~8ホール/西3・4ホール
入場料:1,000円※入場登録者および招待状持参者、中学生以下は無料
主催:一般社団法人日本ロボット工業会、日刊工業新聞社

画像引用:2022国際ロボット展 | 世界最大級のロボット・トレードショー 来場のご案内

国際ロボット展は2年に1度開催される、世界最大級のロボット専門展です。今回はこちらの展示会にて、「エプソン販売」様のブースを間借りして装置を出展します。

ASTINAは外観検査の自動化装置を出展します

ASTINAでは、AIとロボットアームを活用した外観検査を行う装置を開発しております。

今回、ロボットアームがエプソン販売様のものを使用させていただいている関係もあり、2022国際ロボット展では、ブースを間借りして出展する運びとなりました。

ロボットアームの活用で多方向からの検査を実現

国際ロボット展で出展する装置では、先端に照明とカメラを設置してあり、ロボットアームが高速なハンドリングを行います。今回はこのロボットが基板の外観検査を行う想定で稼働します。

外観検査の自動化領域において、多方向からの検査は過大視されておりました。カメラや照明の設置だけでは、人が手に取って回して見ているような立体物の検査が実現しません。

このような課題を解決するため、多方向から検査を行える「ロボットアームを活用した装置」を開発しています。現状は上部・各側面の5方向ですが、カスタムにより全方位対応可能となります。

AIの活用により曖昧な判定も可能

これまで外観検査は、画像処理を行う装置により自動化が行われてきた背景があります。しかし、このような装置は厳密なルール設定を行う必要があり、曖昧な判定に弱いとされてきました。

例えば、金属部分の研磨部分と傷といった曖昧な判定は、NGを拾うため厳しいルール設定をすると、NGでないものまで過検出をするなどの問題もありました。

AIを活用することにより、このような曖昧な判定についても、あらかじめ登録しておいた画像を元に推論ベースで判定をすることが可能になります。

ASTINAの出展場所について

「エプソン販売株式会社」様のブースを間借りして出展をいたします。

会場:東京ビッグサイト 東1-3ホール
小間番号:E3-35

<会場小間割り>

東3ホールを入って直進すると、左手奥にエプソン販売様のブースがございます。その一スペースを間借りして出展いたします。

ASTINAに限らず、国際ロボット展ではたくさんの最新テクノロジーに触れることができますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。