2021.6.2

AI外観検査システムのご提供を開始|ランダム模様がある化粧品をはじめとした製品にも対応

6月1日(火)より、作業現場の自動化パッケージ「OKIKAE(オキカエ)」の第三弾として、AIを活用した外観検査システムの提供を開始いたしました。

AIの活用により、ランダム模様を有する化粧品や衣類をはじめとした製品の外観検査にも対応。高精度化を実現しました。今後も、対応可能な領域も拡充する予定を見込んでおります。

「OKIKAE for AI外観検査」が解決する課題

製造の現場には、製品に問題がないかを確認する作業、「外観検査」があります。この作業には、初心者から熟練者の方までが担当しております。

なかには、高度な知見を求められるケースがあり、検品基準の標準化や知見の引き継ぎ等で、課題視する声が上がっています。また、そもそもの製造現場の人員不足も相まって、より一層深刻な問題となってきました。

今回は、この外観検査に関する課題を解決するため、自動化のパッケージをリリースいたしました。

AIによって判断が難しいランダム模様にも対応

従来の画像認識は、例えばシールのあり/なしなど対象物が決まっているものを判別するもので、検査が可能な領域も限定的でした。そのため、傷・髪の毛、糸くずなどのランダム性があるものは、検知するのが難しいとされていたのです。

しかし、近年は画像処理技術の進歩によって、下地がきれいな工業製品などであれば、傷・汚れの検出は可能になってきています。また模様が複雑なケースでも、パターンが一定の場合も可能になっているのです。

今回、それらの技術に加えて、ASTINAでは、「ランダムなベース+ランダムな異物」にも対応できる外観検査システムを実現しました。

例えば、上記の化粧品のような場合は、製品そのものがランダム模様であるため、外観検査の自動化が難しいとされてきました。

「ランダムな模様と、傷・凹み・欠けなどの判別がつかない」とされていたのですが、ASTINAで開発したAI外観検査では判別可能です。

そのほか、ラメ入りの製品や多数の色を持つ製品でも異常を検知します。また、立体的な製品でも360度全方位で検査を行なうことが可能です。

OKIKAE for AI外観検査の特徴

株式会社ASTINAが提供する当パッケージには、以下の特徴がございます。

  1. 加工装置や組立て装置と共にAI外観検査を組み込める
  2. AIで種別判定可能なので、種類別の排出が可能に
  3. 多種多様な業界のお客様のワークに対応
  4. 現状の設備にAI外観検査、NG機構を設ける事が可能
  5. 多品種少量生産に適したシステムの設定が可能

化粧品に限らず、多種多様な業界の製品に対応。システムの導入だけでなく、加工装置や組立て装置の導入もあわせてご相談いただけます。既存の製造ラインを活かしつつ、ご予算にあった装置の導入等で、無理なく低コストで最適化いたします。

「OKIKAE for AI外観検査」特設サイトページ